のぼりが店舗展開で好まれる理由はどこにあるのか?

街を歩いていたり、自動車で道路を走っていたりすると目につくのが「のぼり」です。

懸垂幕や横断幕・垂れ幕も多いですが、圧倒的に「のぼり」の数が多いです。

どうしてこれほど重宝されるのでしょうか?

今回は【のぼりが店舗展開で好まれる理由はどこにあるのか?】について迫ります。

●商品のアピールや店舗の紹介

のぼりはいろいろなところで使用されます。

飲食店は典型的。

それ以外にも展示会やイベントでも使われるシーンが多いです。

[それ以外の使用例:町をあげての大騒ぎ、「B’z」公演歓迎のぼり旗設置 JR津山駅・津山文化センター

さまざまところで見かけますが、メリットがたくさんあるからです。

まずはオーダーするにしても製作コストが安いから導入するのもハードルが低いです。

横断幕や懸垂幕よりも安く製作できます。

最近ではインターネットで、のぼりのオーダーを受けてくれるところも多いです。

●持ち運びに便利!

のぼりの布の部分は簡単に折りたたんで運ぶことができます。

携帯性の良さは好まれる理由のひとつです。

看板は丈夫ですが、折りたたんだりすることはできません。

もしも、移動したい場合はとても荷物になります。

そういった面から見ても、のぼりは優秀です。

のぼりは、風が吹いた場合にゆらゆらと揺れて動きます。

人々の視線に留まりやすいので来店を誘うことができます。

認識のしやすが、あるので活用度が高くなります。

●いかがでしたでしょうか?

のぼりはコストパフォーマンスにも優れているし、持ち運びもできるので好まれることがご理解いただけたと思います。

店舗の売り上げを上げたいとか来店客を増やしたいならば、のぼりを検討してみてはどうでしょうか?