のぼりの特徴と効果的な使用方法

少ない予算の範囲内で気軽に作成して設置場所にも困らない。

そんな宣伝広告ツールが「のぼり」です。

よく目立つのぼりは集客の導線作りで役立つのです。

この記事では【のぼりの特徴と効果的な使用方法】について詳しく解説します。

●のぼりの特徴

縦長の旗のような広告である「のぼり」は街をあるけば必ずと言って目に入ります。

武士が自軍の規模を誇示した「流れ旗」が起源とされています。

その後は、敵味方の区別を付けるものが発案されます。

戦国時代から近代までは軍用としての目的が多かったです。

逆L字の旗竿に、布製のチチで旗部分を止めるデザインが基本。

目立つ形状ですから、風にはためいて遠くからでも見やすいです。

文字や色の視認性の良さも特徴です。

初期の頃から告知効果は絶大だったのでしょう。

●デザインを踏襲しておりますが、機能性はググッとアップしてきています。

今は広告素材として重宝されています。

竿の部分は表面塗装をした金属製のパイプや合成樹脂になっています。

旗布は、耐候性を意識して合成繊維が普通です。

相撲の会場や歌舞伎の会場でもあります。

スーパーマーケット・中古車販売店・選挙活動・イベントやキャンペーンの告知・デモ行進・駅伝など私達の周囲には、のぼりに満ち満ちています。

特にコンビニではのぼりをよく見ますよね。

【可愛いデザインのぼりも・・・https://www.inside-games.jp/article/2017/07/05/108336.html

本来縦書きが基本だった日本語とも相性が良いのでしょう。

これも今日まで廃れることなく受け継がれている理由でしょう。

少ない予算でも目立つのぼりは、集客に役立つビジネスの強い味方です。